ゼアキサンチンとは

ゼアキサンチンはルテインと同じカロテノイドの一つです。

オレンジ色や黄色の色素成分で、キサントフィル類に属しています。とうもろこしやパパイヤ、スピルリナなどに多く含まれており、とうもろこしの学名であるジーメイズが名前の由来とされます。カロテノイドの中で網膜の黄斑部に含まれているので、ゼアキサンチンとルテインだけです。この2つの成分は目に対して似たような効果を持っており、一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。

ルテインは体内でゼアキサンチンに変換されるので、同じ働きを持つと考えられてきました。しかし同じ網膜の黄斑部でも、存在する場所が少し異なっているので働きは全く同じではなく、片方だけを摂取すれば良いというわけではありません。どちらも体内では生成されないので、食事やサプリメントでこまめに摂取することが大切です。

ルテインとゼアキサンチンの濃度が最も高い場所は、黄斑部の中心窩です。この場所を保護することで、目に悪い影響を与えるブルーライトを遮断しています。ブ

ルーライトとは可視光線の中で最も波長が短く、エネルギーが強い光のことです。現代社会では省エネを目的としてLED液晶を使ったテレビやスマートフォン、パソコンがたくさん出回っています。しかしLEDライトはブルーライトをたくさん放っているので、目には優しくありません。網膜の障害を引き起こしやすくなるとされています。テレビやパソコンが生活に定着してしまっている人は、ルテインやゼアキサンチンを摂取してブルーライトから目を守る必要があります。特に現代人は黄斑変性になる人が増えているので、有害な光に当たる頻度の高い職業に就いているなど心配があるならば早めに対処します。

また目に悪い影響を与えるのはブルーライトだけでなく紫外線も含まれます。紫外線を浴び続けると、目の中で大量の活性酸素が作られます。活性酸素は量が多くなると正常な細胞まで傷つけるので、目の病気のリスクが高まります。ルテインとゼアキサンチンは抗酸化作用を持っており、活性酸素を減らすので細胞がダメージを受けなくて済みます。さらにこの2つの成分をサプリメントで12ヶ月摂取した臨床試験では、黄斑色素光学密度が増えました。これは光ストレスから回復するスピードが速くなったことや、光を認識して物体を見分けやすくなったことを示しています。視覚機能が向上することは、日常生活で危険を察知することにも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です