どちらも加齢とともに減少する

“ルテインという言葉は目の働きをよくするためのサプリメントに含まれていて良く耳にします。ルテインには紫外線など外部からの刺激や活性酸素から網膜を保護する働きがあります。ルテインは緑黄色野菜や果物などに含まれるカロテノイドの一種で強い抗酸化作用を持っています。ルテインはもともと人の目の中の黄斑部や水晶体にたっぷりと存在し、有害な光から目を守り、発生する活性酸素を除去してくれます。有害な光の代表的なものは紫外線ですが、最近ではスマホやパソコンなどから発するブルーライトと言われる人工的な光が細胞に大きなダメージを与え、水晶体のたんぱく質が活性酸素によって白く濁ってきます。

しかし紫外線やブルーライトなど有害な光りまら網膜を守ってくれるルテインは、40代から50代になると減り始めます。70代では20代の3分の1にまで減るといわれているのです。すると外からの光から目を守る働きもどんどん落ちて白内障や加齢黄斑変性症などの目の病気にかかりやすくなったり、目が疲れやすくなったりぼやけて見えたりするなどの症状が現れてきます。

ルテインと同じでカロテノイドの一種のゼアキサンチンという成分も強い抗酸化作用を持ち、ルテインとともに目の黄斑部に存在していて白内障や加齢黄斑変性症の予防に役立っています。ゼアキサンチンはルテインと同じで紫外線やブルーライトなどの有害な光から黄斑部を守っています。そして数ある活性酸素の中でも、特に細胞への攻撃性が高い一重項酸素に抗酸化作用を発揮します。ゼアキサンチンは体内に存在するのですが、生成することができないため、黄斑部がダメージを受けて力を発揮すればするほど減っていってしまうので、そのまま減り続ければ白内障や加齢黄斑変性症などのトラブルを招くリスクも高くなるのです。

このようにルテインもゼアキサンチンも目の中に存在して有害な光や活性酸素から目を守っているのですが、ゼアキサンチンは黄斑部の中心部に、ルテインは周辺に多く存在するため ルテインとゼアキサンチンを一緒に摂取することでより効果を発揮してくれます。

加齢によって減少した成分を食物でから摂取するならホウレンソウやパプリカ、ニンジンなどの緑黄色野菜を成分をさらに引き出してくれる脂やバターなどの脂分を使って調理することで効率よく摂取することができます。しかし毎日の食事で必要量摂取するのが難しい場合は、どちらの成分も配合されたサプリメントを利用するのも良いでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です