両方を同時に摂るべき理由

ルテインとルテインの構造異性体であるゼアキサンチンは、カロテノイドと呼ばれる色素の一種です。
身体の中では黄斑色素として眼の水晶体や黄斑部などに多く存在しています。
ルテインとゼアキサンチンは体内では合成することができないため、食事やサプリメントなどから摂取する必要があります。
黄斑部では多価不飽和脂肪酸濃度が高いので、活性酸素の酸化作用による損害を受けやすい場所となっています。
活性酸素とは体内に取り込まれた酸素の一部が変化したもので、過剰に存在すると細胞に傷を与えることがわかっているので、ガンのもとなどになりやすいと言われています。
ルテインやゼアキサンチンは、活性酸素を除去するはたらきを持っているので、黄斑部の損害を抑止してくれるのです。

また黄斑部内でブルーライトの遮光による光保護機能の役割も果たしてくれます。
ブルーライトとは目に見える光りの中で一番高エネルギーを持っているので、目の表面だけではなく目の奥にまでダメージを与えてしまいます。
ルテインとゼアキサンチンは必ず両方セットで存在しています。
体内の代謝活動によってルテインから変換されるのです。
網膜の黄斑部にはメソゼアキサンチンが存在しているのですが、人の血漿の中には存在していない成分であるので、網膜の中のルテインより変換されたと考えることが出来ます。
植物などにも一切存在していないので、食べ物として外から摂取することも不可能です。
ルテインを食べ物などから摂取しなければ生成されないのです。
網膜の中の黄斑部にしか存在しないメソゼアキサンチンは、視力に関係する重要な機能を持っていることから、ルテインも同じく重要な物質であるということが出来ます。

またこの2つは目の組織内において、欠落している部分や異常が起こっている部分に直接作用します。
ルテインは40歳をすぎると体内で作成されなくなります。
40歳を過ぎたら口から摂取しなければならないのです。
貯蔵分がなくなると抗酸化作用が働かなくなり、黄斑変性症にかかる要因となります。
高齢者などに黄斑変性症が増えるのはこういうロジックなのです。
ある程度の年齢になったら食べ物からだけではなく、目の健康を保つ為にはサプリメントなども上手に利用して摂取していく必要があります。
また白内障の予防にも有効です。

効率的に摂取するには、脂肪分と一緒に摂取すると吸収率が上がります。
よって夕飯のあとから眠る前までにサプリメントを飲むと効果的でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です