賢い摂り方は?

ルテインとゼアキサンチンは、黄色や緑色などの色素成分で構成される食物に多いのが特徴ですから、料理では様々な工夫をして合わせると効果的です。献立の構成では、主菜から汁物の種類に至るまでの多彩な料理に含ませることで、無駄のない摂り方を実践できます。

黄色の状態で完熟したパプリカにも多く含まれることから、ミキサーを使ってペースト状にして、コクを出すために生クリームと卵黄を一緒に混ぜてスープにして食べることがおすすめです。ルテインとゼアキサンチンは卵の黄身の部分にも多く含まれていますから、旨味を引き出すことを考えながらも、抗酸化作用を強力にすることも目的にして使う理論も成り立ちます。この方法を応用すれば、黄色に完熟したトマトを主体にして、卵も一緒に加えた料理で使う方法も有効になります。玉子焼きの中には、細かく刻んだトマトを加えて油で炒めて完成させます。ゼアキサンチンは脂溶性に分類されるカロテノイドですから、油と一緒に調理すれば吸収率が高くなります。

黄色が特徴のトウモロコシの料理を食べることも、ルテインとゼアキサンチンを摂取するために有効です。トウモロコシを使う場合には、黄色の色彩が強いものを選び、植物油も加えてコクを出していきます。ポタージュに仕上げる段階では、ルテインの量が特に豊富なブロッコリーを一緒に添えるのも賢い摂り方です。あるいは、コーンポタージュの彩りのためも考えて、グリーンピースやパセリを豊富に加える方法も十分に使えます。

冬至の時期にはカボチャを食べる習慣がありますが、現代的に考えれば、ルテインとゼアキサンチンを同時に摂取するためにも賢い摂り方です。ルテインも含めて大量に摂取するためには、カボチャは料理の副菜として多用して、主菜には含まれない栄養を補うことが欠かせません。賢い摂り方としては、味噌汁に加える方法もおすすめできます。あるいは、カボチャを豊富に加えた味噌煮込みうどんを食べるときには、一緒に菜の花やブロッコリーなども加えると効果的です。

西洋風の鍋料理でルテインを摂取したいときには、ニンジンやカボチャなどをポトフにして食べる方法もおすすめです。ポトフに加える食材には、黄色い色素が特徴の卵だけでなく、緑色が鮮やかなキャベツも同時に選べば、ルテインとゼアキサンチンの量を大幅に増やせます。フランス料理のチーズフォンデュには卵黄を入れて、蒸したカボチャやブロッコリーを付けて食べるのも賢い摂り方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です