なにか注意点はある?

ルテインとゼアキサンチンはもともと体に存在している成分なので、安全性が高く副作用もほぼ生じないとされています。また、薬との相互作用によって問題が生じたという報告もありません。

肝臓に含まれる酵素CYPは薬との相互作用が起こりやすいのですが、ルテインとCYPを合わせても影響はなかったということです。また、臨床上でも高濃度ルテインが相互作用をきたしたという報告はありません。

ルテインとゼアキサンチンの注意点は、市販のサプリメントを使う場合です。
サプリメントではルテインとゼアキサンチンの配合量だけを何mgと謳っていることが多いですが、特に大切なのは吸収率です。

ルテインもゼアキサンチンも、人間の体にもともとあった、フリー体という純粋な形ではないと吸収されにくいです。吸収されにくいのがルテインエステル体というもので、これは人の体に存在するルテインに脂肪酸がくっついた構造をしています。
こちらは純粋なものではないので、体がうまく吸収してくれないため、配合量が多くても吸収率が落ちてしまう可能性があります。

こういうのは安いサプリメントに多く、石油系のルテインが使用されています。原料が安価で大量生成しやすいのですが、人体にはいってもそのまま吸収されないため、摂取効率が悪くなってしまいます。
また、あまりにも安価なものは石油系で体に害がある成分をつかっている可能性もあります。

ルテインとゼアキサンチンは、5:1の割合で摂取するのがベストだと言われています。サプリメントを選ぶときには、配合量の割合にも気をつけてみるといいでしょう。

また、この2つの成分を摂っているだけで眼病がみるみる良くなるというわけではありません。どちらも水晶体や網膜に存在する量を増やして、目を酸化から守ってくれる働きはありますが、サプリメントを飲んだからといってすぐに目が良くなるというわけではありません。

サプリメントはある程度長い間続けないと効果が感じられないものですし、吸収率が低いものを選んでしまうとさらに効果が出るまでに時間がかかる可能性があります。

ルテインサプリに関してはこちらのサイトでも詳しく解説されていますので、一度ご覧になると良いかと思います。

効果を早く出したいのであれば、ルテインとゼアキサンチン以外にも代謝を良くするビタミンB群やビタミンEといったビタミンもしっかり合わせて摂取するように注意しましょう。

また、目に良い成分をたくさん配合しているサプリメントだと、魚の成分が含まれていて魚アレルギーを発症することもあるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です